投稿要領

投稿要領

投稿要領
日本展示学会の正会員は、学会誌『展示学』に論文・作品・研究ノートを投稿することができる。論文と作品は審査を行う。

投稿資格
(1)論文・作品・研究ノートは、第一執筆者が日本展示学会の会員であること。
(2)会員は新規投稿申込の時点で、当該年度の年会費の納入が完了していること。

投稿区分
(1)論文:展示学に関する研究成果をまとめた学術的で価値のある論文。論説を含む。
(2)作品:執筆者が制作に携わったオリジナリティーのある展示作品とその論考。
(3)研究ノート:展示の実施上の工夫や調査報告、展示学についての課題や問題点についての見解、海外の先進事例報告等、展示学についての有益な情報等を対象とする。

投稿の条件
投稿原稿は未発表のものに限り、他の学会誌等に投稿されたものを重複して投稿することはできない。ただし、次の項目に該当するものについては、未発表扱いとする。
(1)本学会の研究大会で口頭発表したもの
(2)紀要、研究会、シンポジウム、国際会議などで梗概や資料として発表したもので、審査をうけていないもの
(3)科学研究費補助金の報告書
(4)学位論文で書籍等としての刊行を行っていないもの
(5)行政、業界団体等からの委託研究の成果報告書に掲載されたもの

論文および作品の審査
(1)投稿された研究原稿が「論文」「作品」「研究ノート」のいずれであるかの区別については、編集委員会が投稿者の意志を確認し決定する。
(2)論文および作品の採否は、編集委員会の査読部会の審査によって決定する。
(3)査読部会は、投稿された原稿について、訂正を求めることがある。訂正を求められた原稿が指定日を越えても再提出されない場合、査読部会は投稿の意志がないものとみなす。また、掲載が決定された論文および作品は、査読部会の承認を得ずに変更してはならない。

原稿の掲載
(1)学会誌での掲載は、原則としてカラー印刷とする。
(2)掲載時のレイアウトは、編集委員会が行う。
(3)掲載料は無料とする。

著作権等知的財産権について
(1)投稿原稿の著作権は、その原稿の執筆者に帰属する。
(2)執筆者(執筆者が複数の場合はその全員)は、投稿原稿に関して各種法令を遵守するとともに、図版や写真等が第三者の著作権等知的財産権を侵害していないことを保証するものとする。
(3)執筆者が前項に違反したことにより紛争が生じた場合は、執筆者の責任と費用において解決にあたるものとする。

投稿原稿のデジタルデータ化および本学会ホームページにおける公開の承諾
(1)執筆者(執筆者が複数の場合はその全員)は、投稿原稿をデジタルデータ化し本学会ホームページにおいて公開することを承諾するものとする。
(2) 本学会の学会誌やその電子版に当該の著作物を公開することについて執筆者は同意し、本学会は公開することができる。
原稿料および掲載誌の贈呈
特別な場合を除き、原稿料は支払わない。執筆者には、原稿の掲載された本誌を贈呈し、抜刷が必要な場合は実費とする。

原稿の返却
投稿された原稿は、採否に関わらず原則として返却しない。

連絡先
原稿の受付・問い合わせは編集委員会事務局(journal@tenjigaku.com)とする。

附則
2006 年 6 月 15 日施行の寄稿要領を改編し、本要領を 2020 年 9 月 25 日から施行する。

投稿要領 pdf