論文および作品審査要領

論文および作品審査要領

論文および作品審査要領

・論文および作品審査の対象                    正会員からの投稿による論文および作品の原稿。

・原稿の受領
 編集委員長は、会員から論文および作品の投稿があったときは、 その原稿が「寄稿要領」および「執筆要領」に準拠していることを確認のうえ、「論文および作品原稿受領書」を受け付けた日付を明記し投稿者に送付する。

・審査の構造
(1) 編集委員長は、論文および作品の審査を担当する「査読部会」を組織する。査読部会は4 名以上の編集委員で構成する。
(2) 査読部会は、協議を行い当該論文および作品ごとに専門に即した「審査責任者」を査読部会委員から選出する。
(3) 審査責任者は、当該論文および作品の内容に即した2 名以上の「査読者」を個人正会員の中から委任する。なお査読部会が適当と認めた場合、非学会員に査読者を依頼することができる。査読者の氏名は秘匿する。
(4) 査読者は、個々に原稿の審査を行い、掲載の可否または修正指示などの意見をまとめた査読報告書を審査責任者に提出する。

・審査の結果
(1) 審査責任者は、査読者からの査読報告書を基に判定し、審査結果を編集委員長に提出する。
(2) 編集委員長は、審査責任者からの審査結果を速やかに投稿者に通知する。
(3) 審査結果は、下記の判定のいずれかとする。なお、原稿の修正を求めるときは、その箇所および理由を付記する。
(4) 掲載を認める論文および作品は、判定をした日付を受理日として明記する。
判定
A: 原稿は修正を必要とせず、 掲載を認める。
B: 原稿の修正を求め、再審査を必要とせず、掲載を認める。
C: 原稿の修正を求め、再審査を行う。
D: 掲載を認めない。
※再々審査は行わない。

附則
2020 年4 月15 日施行