研究大会

【2020/06/30更新】第39回研究大会開催概要(オンライン開催)のお知らせ

日本展示学会 第39回研究大会開催概要(オンライン開催)のお知らせ

今年度の研究大会決定いたしましたのでお知らせいたします。

全国的なコロナ感染がいまだ収束せず、また予定していた会場(トヨタ博物館)が 8月中使用ができないという状況を踏まえ、研究大会の開催を次のように致します。研究大会実行委員会 岡本靖生・可児光生・田中隆文・松岡敬二)

1.当初予定していたトヨタ博物館での開催は行わない 。
2.集会形式ではなくオンライン形式とする。
3.時期は 少なくとも 8月末以降で、諸準備を整え期日を改めて決定する。
4.内容は申し込みのあった 22 組(口頭16 組、ポスター6組)の研究発表+シンポジウムの事例発表を基本とする。
5.研究発表は、Zoom等をとおしておこなう。
6.シンポジウム(討論)は、Zoomの活用、撮影した映像配信等をとおしておこなう。
7.例年、総会を含めて2 日間行っていた日程を 1 日で行う。
8.参加費について 、今年度は無料とする。

*参加者の募集については日程が決まり、諸準備が整い次第行います。 なお、梗概集、ポスター発表のポスターは参加者限定でダウンロードできるかたちでの配布を考えています。開催にあたっては、今後検討すべき点が多くあるため、決まり次第、随時連絡・配信いたします。

第39回日本展示学会研究大会 開催概要(オンライン開催)のご案内

過去の大会