2018年度第37回研究大会のご案内

2018年度第37回研究大会のご案内

日本展示学会では、下記のとおり第37回研究大会を開催いたします。

当日のプログラムが確定しましたのでご案内いたします。

第37回研究大会は上野の東京国立博物館・平成館及び隣接する黒田記念館を会場に、2日間にわたり開催します。大会テーマは「ポスト2020の文化観光と展示」となります。口頭発表の他にポスターセッション、シンポジウム・見学会の開催も予定致します。今年も多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

<開催概要>

会期:2018年6月30日(土)~7月1日(日)

会場:東京国立博物館平成館及び黒田記念館

主催:日本展示学会  

共催:東京国立博物館 

【大会プログラム(予定)】

♦6月30日(土)

09:30-10:00 見学会受付

10:00-12:00 見学会 ※会場は後日ご案内します。

13:00-13:30 受付開始

13:30-13:45 開会のご挨拶・お知らせ(平成館大講堂)

13:45-17:30 シンポジウム (平成館大講堂)

        ポスターセッション(平成館ラウンジ)

18:00-20:00 懇親会

♦7月1日(日)

09:30-10:00 会員総会   

10:00-16:00 研究発表(発表15分・質疑5分)

※会場は東京国立博物館平成館講堂及び黒田記念館になります。

         閉会挨拶・解散

【参加費用】

大会当日受付にて徴収いたします。
大会資料代:1,500円(会員・非会員共)
懇親会費:5,000円

 

【研究大会の参加申込にあたって】

研究大会の申込は以下の方法でお願い致します。

参加申込フォーマットに記入後、メールにて申込書データを添付、もしくはメール本文に記載し送付してください。

event37@tenjigaku.com

大会・見学会・懇親会の参加申込の期限は 5月31日(木)です。

◎研究発表(口頭発表・ポスターセッション)の申込は、5月14日(月)必着です。

◎発表梗概(原稿提出)の締め切りは5月31日(木)必着です。 

※ポスターセッションの梗概原稿も同時に締切ります。 

    *今大会はポスターセッションの内容も当日配布する梗概集に掲載する予定です。

    *梗概は学会誌「展示学」にも掲載させていただきます。また、発表時の写真も掲載予定です。

    *なお申込者が予定数に達した場合は先着順とさせていただきます。

・大会の概要や予定については順次学会サイトに掲載、またニュースメールでお知らせしますので、ご確認ください。

・下記については、参加申し込み後、発表申込者に直接メール致します。

 ①口頭発表(個人正会員のみ、ただし共同発表者には非会員を含めることができます)

     原稿(発表梗概)のフォーマットおよび執筆要領、発表時の機材 等

 ②ポスターセッション(個人正会員の指導または紹介により、団体会員・非会員も発表できます)

     原稿(発表梗概)のフォーマットおよび執筆要領、掲示スペースの大きさ 等

 

【会場案内】

会場へは公共交通でお出かけください(駐車場はございません。近隣駐車場は各自お調べください)

詳細は下図もしくは下記サイトをご覧ください。

東京国立博物館 http://www.tnm.jp/

黒田記念館 http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=hall&hid=17

開催概要申込フォーマットはこちらからダウンロードしてください。

 

***********************************

【申込み先】
E-mail : event37@tenjigaku.com