2015年度 研究集会 in 札幌(終了しました)

2015年度 研究集会 in 札幌(終了しました)

今年度の研究集会は、北海道大学総合博物館および北海道博物館を巡る、1泊2日の行程を計画しました。
日本の大学博物館では様々な博物館に関する教育プログラムが行われていますが、今回訪問する北大総合博物館では「ミュージアムマイスター」認定制度を設け、ユニークなプログラムを実施しています。このプログラムの受講生からその成果を直に聞く卒論ポスター発表会に参加することは、展示と教育を考えるうえで大変有意義であると考えました。ついては、下記のように研究集会を実施します。会員の皆様の参加をおまちしています。

■日 程:2016年2月27日(土)~28日(日)
■訪問地:北海道大学総合博物館、北海道博物館
■募集人員:10名(定員)、最少催行人数5名
■参加費:5,000円(資料・懇親会費等含む)
      ※集合・解散場所までの往復交通費、現地交通費、宿泊費は含みません
■プログラム
<27日(土)>
      13:20 北海道博物館 現地集合
13:30~14:00 北海道博物館職員によるレクチャ
      14:00~16:30 北海道博物館展示視察
      16:42 北海道博物館発 
      17:16 新札幌→(電車)→札幌17:25
18:30~     懇親会(札幌市内)

<28日(日)>
      9:00 札幌駅北口集合
9:30~12:00  北大正門横インフォメーションセンター「エルムの森」
<レクチャー>湯浅万紀子(北海道大学総合博物館准教授)
<ミュージアムマイスター卒論ポスター発表会、プレゼンテーション>受講生発表
      12:00  終了後、現地解散

※上記時間は予定です。変更になる場合があります。
※参加者には別途資料を配布します。

■主 催:日本展示学会
■後 援:全日本博物館学会、日本ミュージアム・マネージメント学会、NPO法人博物館活動支援センター
■申 込:氏名、所属、連絡先を明記し、event@tenjigaku.comまでメールにて申込みください。
受付次第、詳細の行程等をお知らせします。
■〆 切:2016年2月19日(金) ただし、定員になり次第締め切ります。

【問い合わせ先】
日本展示学会 研究集会担当理事 丹治 
event@tenjigaku.com

**「北海道大学総合博物館」ミュージアムマイスター認定コース**

北大総合博物館は1999年に創設され300万点の学術標本資料を収蔵しています。2008年文科省が募集した「質の高い大学教育推進プログラム」に「博物館を舞台とした体験型全人教育の推進」プロジェクトにて応募し3年間に渡り採択されました。その経緯を継承し、学術標本資料と研究、教育を通じた学生教育、社会貢献・奉仕精神の涵養を意図しミュージアムマイスターコースが誕生しました。
今回の訪問では中心的な役割を担っている湯浅万紀子(北海道大学総合博物館准教授)先生にお話を伺う予定です。
http://www.museum.hokudai.ac.jp/

**「北海道博物館」**

1971年(昭和46年)に北海道開拓100年を記念して開設された北海道開拓記念館が前進です。道民からは野幌の開拓記念館として愛されていました。
2015年4月に装いも新たに考古、歴史、民俗、自然科学の全般に渡る総合博物館としてリニューアルされました。
今回の訪問ではリニューアルのポイントと総合博物館の未来像を伺う展示解説を予定しています。
http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/