3月11日に東北から関東地方を襲った大地震により、東北地方太平洋側を中心とした各地域が、これまでに経験のない大災害に見舞われました。被災されました方々には心よりお見舞いを申し上げます。

 さらに余震やライフラインの停止、計画停電等にて多くの方が大変な状況に直面されているのではないかと思います。一刻も早い状況の沈静化と復興をお祈りいたします。

 また、被災地における学会員の方々や博物館等における情報を事務局へお寄せいただきたく、ご協力お願い申し上げます。

最新情報

2014.10.10

2014年度研究集会 in 島根 

 今年度の研究集会は、島根県奥出雲および石見地域を巡る、1泊2日の行程を計画いたしました。  かつて世界文化遺産登録を受けた石見銀山地域の現状と課題を掘り下げ、併せて近郊の雲南市吉田町における地域活性化と文化観光の在り方 …

2014.09.17

「Museum 2015」を共催いたします  

 日本展示学会では、2014年度の共催事業として「Museum 2015」を共催いたします。 「Museum2015」とは、博物館の専門家や政策立案者、研究者、学者、そして学生とともに、博物館の変革について探求するフォー …

2014.08.08

『学会誌』52号への投稿について

日本展示学会では、学会誌『展示学』52号に掲載する「論文」「作品」および「研究ノート」を募集しています。募集・投稿の要項は下記のとおりです。それぞれ締切の期日等が異なりますので、ご注意ください。『展示学』52号は2015 …

2014.07.16
2014年度 展示論講座 受講者募集
2014.06.13
国際会議参加助成制度の創設について
2014.03.18
2014年度 第33回研究大会 発表者、参加者募集
2013.12.25
2014年度第33回研究大会について
2013.12.04
第13期理事選挙について
2013.11.15
国立美術館と国立文化財機構の統合について(緊急アピール)
2013.10.21
2013年度研究集会 in 福島(終了いたしました。)
2013.08.22
見学会を開催します
2013.07.05
2013年度 展示論講座 受講者募集(募集締め切りました)
2013.07.01
『展示学』51号への投稿について
日本展示学会のフィード

学会誌

『学会誌』52号への投稿について

日本展示学会では、学会誌『展示学』52号に掲載する「論文」「作品」および「研究ノート」を募集しています。募集・投稿の要項は下記のとおりです。それぞれ締切の期日等が異なりますので、ご注意ください。『展示学』52号は2015 …

出版

展示論
-博物館の展示をつくる

tenjiron_hyoushi

展示とはある意図に基づき伝えたい事柄を分かりやすく提示することをいう。
では、展示学あるいは展示論とはどんな学問なのか。

発行日:2010年6月30日

出版社:雄山閣
税込価格:2,730円(本体2,600円)
会員価格:2,300円(送料・税込)