学会誌『展示学』54号への投稿について

学会誌『展示学』54号への投稿について

日本展示学会 学会誌編集委員会

 日本展示学会では、学会誌『展示学』54号に掲載する「論文」「作品」および「研究ノート」を募集しています。募集・投稿の要項は下記のとおりです。それぞれ締切の期日等が異なりますので、ご注意ください。『展示学』54号は2017年2月末ごろの発行予定です。

【投稿案内】

○「論文」「作品」 (査読審査有り/学術業績)

学術業績として査読審査を通ったものを掲載いたします。査読審査についてはこちらのページをご覧ください。

「論文」 展示学に関する研究成果をまとめた学術的価値のある論文。(10頁以内)

「作品」 学会員が制作に携わった展示作品とその概要。(10頁以内)

・投稿資格:個人正会員(但し、共同研究者に非会員を含むことができます)

・学会誌『展示学』54号掲載締切り:2016年8月末日まで(締切り厳守)

・査読結果に従い、修正等を求める場合があります。その際、修正原稿最終締切(11月末ごろ予定)の期限を超えた場合、査読審査を通っていても掲載は次号になります。

 ○「研究ノート」(査読審査無し/学術業績ではありません)

・内容:展示学に関する資料、調査、実測、統計、実験などの研究報告。(8頁以内)

・投稿資格:個人正会員(但し、共同研究者に非会員を含むことができます)

・学会誌『展示学』54号掲載締切り:2016年10月末日まで(締切り厳守)

 *査読審査はありませんが、編集委員にて照査し修正等を求める場合があります。その際、指定された修正原稿が最終締切に間に合わなかった時は、次号の掲載になります。

<投稿>
・投稿先:journal@tenjigaku.com
・投稿フォーマット:ダウンロード

・執筆要領:学会誌『展示学』巻末の「執筆要領」「寄稿要領」をご覧ください。

・原稿の量:投稿フォーマットを使用し、それぞれ規定内頁数内となるよう執筆してください。

このフォーマットでは、すべて文字で埋め尽くすとおよそ2,700文字/頁です。図版や写真の数を考慮し、見出しや空行等、参考文献や註釈等のスペース分を抜いた文字数で本文をまとめてください。査読の審査は、このフォーマットで行います。但し、査読通過後、学会誌掲載の際のレイアウトは編集委員会にて決定いたします。

・投 稿:投稿用フォーマットにて原稿を作成し、パソコン環境等によりレイアウトが崩れたり、文字化けしないよう必ずPDFに変換して投稿ください。また、容量が大きい(10MB以上)時は、ファイル転送サービス等を利用下さい(その際は、事前にメールにてその旨をお知らせください)。

*この他、ご不明な点は学会誌編集委員会journal@tenjigaku.comにお問い合わせください。

2016年7月1日